診療内容紹介

ピュア形成外科グラデ球

美容外科

【自由診療】

ネガティブからポジティブへ

形成外科・美容整形外科・美容皮膚科・エステなどを融合。トータルな美容医療に取り組んでいます。

“形成外科”は、名前こそ周知されてきましたが、その診療内容は理解されていない部分が多いようです。
医学書では“形成外科とは、先天的・後天的な身体外表の形状、色の変化を機能的・形態的に正常化、向上を行う診療科である”と記されています。
一般的に知られている“美容外科”は、形成外科の一分野です。

そして形成外科の基礎知識と技術を熟知した専門医が、美容医療に携わることが理想だと言われています。
当院は、保険診療が認められている形成外科医療だけではなく、美容外科・美容皮膚科・エステなどを融合させネガティブからポジティブへ、さらには若返りまでトータルな美容医療に取り組んでいます。
特に10種類もの最新医療レーザーを駆使したスキンケアにエステの感性・技術を組み入れ、皆さまの美容やお肌の悩み・美の向上のお手伝いができるように切磋琢磨しております。

目 二重まぶた(埋没法)※自由診療

  • 治療内容 マットレス法:極細縫合糸で、まぶたの皮下を横長に止めるので、結び目が1箇所で、点止めよりもはずれるリスクが少ない方法です。ご希望があれば2点止めも可能です。経過観察で術後1回の通院が必要です。

  • 費用(税込)両側:54,780円 片側:33,000円 (6か月保証あり)

  • 治療期間及び治療回数: 1日(1回の通院)

  • リスク・副作用 ・埋没糸がはずれる場合があります。それは、まぶたの形状や厚み、外力などによってリスクが変わります。・同様の理由で、腫れが引いた時に左右差が残ることがあります。・埋没糸の結び目がニキビのような炎症を起こして露出する場合があります。・いずれも再手術により治療することができますのでご相談ください。術後、6ヶ月以内は保証で手術料金は無料です。

鼻(ヒアルロン酸注射)※自由診療

  • 治療内容 高濃度吸収性のヒアルロン酸を鼻筋にあわせて注射注入します。

  • 費用(税込) 1回:33,000円(鼻根部~鼻背部)~55,000円(鼻尖部まで)

  • 治療期間及び治療回数: 1日(通院なし)

  • リスク・副作用 ・吸収性のヒアルロン酸を用いますので、8ヶ月から1年で吸収されますが頻回に注射すると吸収されずに残ることがあります。・注射部位の内出血が約1週間残ることがあります。

フェイス ほくろ(レーザー治療)※自由診療

  • 治療内容 ホクロは、深くの組織まで取り除きますので、局部麻酔をして施術します。取り除いた部分は黒子の大きさで皮膚が掘れたようになっています。傷は、1~2週間で治りますが、それまでは軟膏を塗ってテープで蓋をしていただきます。洗顔やお化粧はその上から可能です。傷が治った部分の、くぼみと赤みは、約3ヶ月~6ヶ月で目立たなくなります。

  • 費用(税込)1個:5,500円(3mmまで)/7,700円(5mmまで) 

  イボ:550円

  • 治療期間及び治療回数: 2週間で1回の通院

  • リスク・副作用 ・レーザーで取り除いた跡は、白っぽいくぼみが残ります。ホクロが小さい場合はほとんど目立ちませんが大きい場合や皮膚の薄い場合は目立ちます。切除をして、線状の傷跡の方が目立たない場合もあります。また、取り残しがあった場合は再発することもあります。

わきが(腋臭症)、多汗症 ※自由診療:マイクロウェーブ療法(ミラドライ)

マイクロウェーブ療法(ミラドライ) 

  • 治療内容 ミラドライは皮膚を切ることなくマイクロウェーブ照射によりワキの汗腺を破壊して、ワキの臭い・ワキ汗を解消する多汗症治療です。

  • 費用(税込)両側:330,000円(※消耗品込み) 1年以内の追加:165,000円    ※診察料、必要な場合のお薬代は除きます。

  • 治療期間及び治療回数:1日(約1時間)※通院なし

  • リスク・副作用 ・術後は安静にし、ハードな運動は控えてください。・シャワーは当日から可能ですが、入浴はしばらく控えてください。(ただし、治療箇所を過剰に濡らしたり温めたりしないでください。)・痛みや腫れを緩和するために治療後2~3日は定期的にアイスパックを脇の下に挟んで冷やしてください。(腫れが強い場合は鎮痛消炎薬を服用)・局所麻酔を注射するため麻酔のアレルギーのある方、また以前に手術等の既往がある患者様はこの治療をお勧めできません。妊娠中の方、ペースメーカーなどの体内留置電子機器を使用している方、酸素補給が必要な方は治療が受けられませんのであらかじめご了承ください。また、アルコールにかぶれる方も出来ない場合があります。

 

形成外科・皮膚科で扱う保険診療

近年、形成外科も何とか皆さまにその存在感が認められるようになってきましたが、いまだに「形成外科ってこんなこともするのですか」と言われることも再々あります。
医学書的には「形成外科とは、先天的・後天的な身体外表の形状、色の変化、すなわち醜状を対象とし、これを外科的手技により、機能はもとより形態解剖学的に正常にすることを手段とし、個人を社会的に適応させることを目的とする科である。」と記されています。
形成外科では保険診療が可能です。

現代社会では、外表の異常だけではなく美容的に劣っているだけでも個人にとっては大きな精神的負担となり、学業や社会生活に適応できないことが多々あります。
私どもの外来にも、アザがあるために登校拒否や対人恐怖症になっている学生の方や顔面の傷跡のために接客業ができなくなった、あるいは手術によって命は助かったが乳房が片方なくなり生きる張り合いがなくなったというような患者様が多く訪れます。

形成外科
ピュア形成外科グラデ球

形成外科

【保険診療】

新鮮熱傷(やけど)

顔面骨骨折および軟部新鮮外傷(特に顔面のけが)

先天性外表奇形(唇裂・副耳・多指・合指)

後天性外表変形・瘢痕・瘢痕拘縮(ひきつれた傷跡)・ケロイド

皮膚外科(良性腫瘍・悪性腫瘍・血管腫・母斑などの色素沈着)

レーザー治療(先天性の各種アザ・血管腫・毛細血管拡張・外傷性色素沈着)

再建外科(がんなどの手術による組織欠損)

その他:腋臭症(わきが)・多汗症・陥入爪(巻き爪)

ピュア形成外科グラデ球

皮膚科

【保険診療】

皮膚科的治療(健康保険適用)

内服 ビタミンC,B,E 抗菌剤(ミノサイクリンなど)漢方薬

外用 抗菌剤軟膏(ダラシン、アクアチム、テラコートリル、ゼビアックなど) 皮脂閉塞改善薬(ディフェリン、デュアック、ベピオ、エピデュオ)

面皰処置 レーザー使用による排膿、皮脂圧出

生活指導 洗顔、化粧、紫外線予防、生活習慣など、高濃度ビタミンC化粧水、角質コントロールローション、保湿ジェル

婦人科的女性ホルモン治療

婦人科をご紹介いたします。

保険診療
 
メンズ脱毛
LP2-3-1.jpg
ピュア形成外科グラデ球

医療レーザー

脱毛

​【自由診療】

  • 治療内容:医療用レーザーを使用し、短期間・少ない回数で脱毛治療を行う。

  • 費用:1回 11,000円(税込)(目安として、両ワキの場合)

  • 治療期間及び治療回数:約1年(治療回数5~8回ほどで完了)

  • リスク・副作用:痛みの感じ方には個人差があり、部位によっても異なりますが、輪ゴムで弾かれた程度の痛みです。・色素沈着の原因にもなりますので、脱毛部分は日焼けすることを避けてください。

脱毛説明
 
ピュア形成外科グラデ球

美容皮膚科

【自由診療】

皮膚科的治療(健康保険適用外)

ほくろ、イボ除去

しみ、そばかす

美顔、美白、肝斑治療

ニキビ、ニキビ跡

毛穴​、たるみ、しわ

ニキビ跡のシミ・色素沈着
  • 治療内容:それぞれの症状の目的に応じて、レーザーの種類を専門的知識を持って使用し治療を行う。

  • 費用:テスト照射 1㎠ 6,600円(税込)、しみ 1㎠ 3,300円(税込)、そばかす 1個 330円(税込)、イボ 550円(税込)、両頬 5,500円(税込)

  • 治療期間・回数:(テスト照射 4週間)約6ヶ月~1年間、3日~5日

  • リスク・副作用:施術後当日に発赤、少し腫れることがあります。レーザー照射後、色素沈着が起こることがあり、数か月後も残ることがあります。